top of page

📖 eライブラリー|福地Dr.のペットの中毒eライブラリー

詳細

人と暮らすペットにとって、人間には毒性が低くても有害な物質は無数にある。こうした物質の動物への中毒量などを仔細に記録したものは少なく、あっても古かったりn数が少ないという問題点がある。本コースでは、これらの物質の犬猫を中心としたペットの安全性について、できる限り科学的エビデンスレベルの高い文献を選び、臨床獣医師として押さえておきたいポイントを解説する。 中毒を起こす物質と、閉塞などを起こす物質に分けて記載する。 ■原因物質:日本で用いられる汎用名並びに、論文などで用いられる名称を記載する。 ■臨床徴候:代表的な症状があれば記載する。報告が少ないものでは、症例報告を参照する場合もある。 ■中毒量 可能な限り、詳細に記載する。情報があれば、無影響量(NOAEL)、中毒量、致死量を記載する。 ■中毒を起こしやすい動物種・犬種 一部の犬種ではタマネギ中毒などのように、臨床徴候が強く発現するものもあるため、該当するケースでは記載する。  ■催吐 除染において重要であるが、ガソリンなど催吐することで重篤な誤嚥性肺炎など起こすケースもある。禁忌の場合に記載する。 ■治療 一般的に取られる方針につき記載する。詳細は成書、参考文献などを参照されたし。 ■注意すべきこと 飼い主に啓発すべきことがある場合などに記載している。 ■参考 獣医学、医学関連ではgoogle scholarに登録されている文献または、PMDAに申請された資料を用いている。植物の分類などについては、一般のウェブサイトを参照していることもある。 "異物"の項では、主に人の生活環境にあり誤飲することが多く、閉塞などを生じる物質を取り扱う。

講師

金額

無料

概要

グループディスカッション

このオンラインプログラムはグループに接続されています。オンラインプログラムに参加するとグループに追加されます。

 🧪 グループ|ペットの中毒ライブラリーー犬猫の中毒予防研究室ー

🧪 グループ|ペットの中毒ライブラリーー犬猫の中毒予防研究室ー

公開 • 35名

シェアしましょう

bottom of page