top of page
Original on Transparent.png

🧪 尾形Dr.の行動学で変わる!
コミュニケーションeラボ

​〈Supported by いなばペット株式会社〉

現場でこんなお悩みはありませんか?

01.

怯えて嫌がる動物たちにどうしたら...?

02.

学んだ知識をしっかり現場で発揮したい。

03.

飼い主さんへ伝わっているか、自信がない

04.

病院へ貢献したいのに、どうやったらいいかわからない。

Dog with a Toy

「動物行動学が変える!コミュニケーションラボ」が、

その悩みを解決します。

01

​もっと現場で動物の気持ちに
寄り添えるように。

03

飼い主さんの不安に、
自信を持って対応できる。

02

行動学の知識。
現場での活かし方を学べます。

04

あなたの知識を価値に変え、
​安心して通える病院に

 行動学であなたのコミュニケーション力がUP!

​「寄り添える」動物看護師・ケアスタッフに!

FAQ

ワークショップについて。

参加者は4人前後にグループ分けされ、各グループに講師がついてグループ内でディスカッションしながら課題に取り組む形式をとります。各グループに合わせて進行を調整しますが、毎月約2題に取り組み、皆さんでアイディアを出しあいましょう。

個別フィードバックも。

グループディスカッションとは別に、個別フィードバックも講師から受け取ることができます。他にはない、貴重な経験となるでしょう。

オンラインでのディスカッションについて。

VSJオリジナルの、eRoomというウェブページを使用して参加していただきます。参加者同士のコメントがリアルタイムにみることが可能です。自分のペースで参加いただき、講師が出席を見ながら対応します。

​文章でも、音声でも。

書くよりも話す方が得意な方は、音声での投稿なども可能です(たとえば、iPhoneの方はボイスメモなど)。また、講師も文字で説明しにくいことに対しては「音声」でのフィードバックをアップロードする予定です。

尾形 庭子.png

監修:
Niwako Ogata
尾形 庭子 先生

​米国獣医行動学専門医

獣医師, PhD,DACVB Associate Professor,

Animal Behavior Purdue University College of Veterinary Medicine

bottom of page